2015/06/30

モモンガ、ヒマワリの実を襲撃する(動画)




上の写真は何を物語っているかお分かりになるだろうか?
 下の写真は何を物語っているかお分かりになるだろうか?

 多分、お分かりにならないだろう。私も突然見せられたら分からないだろう。

 実は、両方とも、ニホンモモンガに食べられ、悲惨な姿になってしまった植物を撮ったものなのだ(大学の林の中につくっている大きなケージの中での出来事である)。



 上の写真の木は「タブノキ」で、モモンガはタブノキが好きらしく、ケージ内のタブノキは軒並み葉が食べられて、枯れそうになっている。
 写真の木では、何とか新芽が出て、ひょっとしたら生き延びる可能性がないこともない。

 下の木は、野性においてもニホンモモンガが主食にしていると考えられるスギである。中央の地面に落ちている緑色の枝は、すべてモモンガが、木の上で葉を食べたときの副産物である。
左側の、枝のついていない茶色い木(棒?)が、モモンガに長期間にわたって餌を供給してきたスギの姿だ。

モモンガはミズナラやクヌギなどの堅果(ドングリ)はあまり好きではないのに、ヒマワリの実は大好きだ。

私は、ケージの地面に、分厚くて大きな白色のビニール袋を置き、その中に、ホームセンターから買ってきたヒマワリが入った袋を保存している。ケージを訪れたときその中からヒマワリを出して巣箱の上などにおいてやるのだ。

あるとき、ケージに来てみたら、どうも、モモンガは、保存しているヒマワリの存在に気がついたようで、“分厚くて大きな白色のビニール袋”に穴があき、中に、ヒマワリの殻が散在していた。
穴をあけて侵入したモモンガが、さらに中のヒマワリ袋を破って実を食べたのだ。

それからしばらくして、私は、モモンガの犯行の現場を動画に収めることに成功した。それが下の動画だ。
モモンガも苦労しているようだがなかなかやるものだ。

video

ブログ更新情報

色々な記事